自己破産2回目マニュアル【失敗せずに借金生活から抜け出す方法】

自己破産2回目マニュアル【失敗せずに借金生活から抜け出す方法】

自己破産2回目マニュアル【失敗せずに借金生活から抜け出す方法】

そう何度もするものでもないというものもあり、それは自己破産にも当てはまるでしょう。しかし自己破産二回目をする人も中にはいます。また行うためには条件がありますので、それをクリアする必要ができてきます。借金がすべてなくなるという債務者にとって魔法の処置になる自己破産ですが、特に2回目から認められるのは厳しくなることを把握しておいてください。

まず自己破産というのは裁判所に認められなければなりません。免責というのですが、1回目をしてから7年以内は裁判所は認めないことになっています。よって2回目の手続きを開始するには、最低でも1回目の7年後からということになります。これが第一条件になり、そして次に大切なのが免責不許可事由というものになります。この免責不許可事由というのは、7年以内はできないということもあてはまり、そして自己破産するにあたり、認められない事由があります。たとえばお金や財産があるのに申し立てを行っている、虚偽の申し立てを行っている、借金の理由がギャンブルや浪費癖だったということになると不許可になる恐れがあります。2回目からになると、この免責不許可事由を厳しく裁判所は判定するようになりますので認められない可能性も出てきます。

それでも自己破産に強いもしくは2回目に強い事務所がありますので、大切なのはあきらめないで手続きをすることにもなります。まずは相談をすることから始めることが重要です。

必読記事: