自己破産の原因がギャンブルというのはありえる?※よくあるQ&A

自己破産の原因がギャンブルというのはありえる?※よくあるQ&A

自己破産の原因がギャンブルというのはありえる?※よくあるQ&A

ギャンブルが原因の借金は自己破産で免責されることはないと言われますが、実際は免責されることの方が多いです。弁護士を通じて自己破産の手続きをして、ギャンブルが原因で免責が認められないというのはそれほど多くはありません。なぜ、ギャンブルによる借金も免責が認められるようになっているのでしょうか。
まず、理由として挙げられるのは借金をすべてギャンブルに費やすというケースはあまりないというものです。たとえば、借金の使い道の内訳を書き出した場合、最初は確かにギャンブルをしたくてお金を借りたということになるかもしれませんが、その後は、借金を返済して生活苦になり、生活費が足りないのでお金を借りるしかないという状況になったという場合が多いです。つまり、借金の原因として生活費を工面するためという理由が出来るのです。
また、ギャンブルにはまってしまった原因というのも考慮されます。たとえば、仕事を解雇された後に就職が出来ず、ストレス解消のために始めたという場合、解雇されて仕事が見つからないということに対して同情が可能なのです。裁判官はこうした事情を汲んで自己破産を認めることが多いのです。また、勿論ですが、弁護士もちゃんと免責されるようにアドバイスをしてくれるので、それもギャンブルによる借金でも自己破産が成立する理由の一つです。
また、財産がまったくないのに返済出来るわけがないという現実的な理由も当然、考慮されることになります。

必読記事: