自己破産のデメリットを徹底調査!実は知られていない事とは?

自己破産のデメリットを徹底調査!実は知られていない事とは?

自己破産のデメリットを徹底調査!実は知られていない事とは?

自己破産で発生するデメリットとは

現代では、債務整理という制度によって消費者の権利が守られるようになっています。
債務整理の中の一つの制度として存在しているのが「自己破産」です。

 

自己破産が本当に正しい手段?

債務整理には、自己破産以外にも、個人再生・任意整理・特定調停という方法があります。
こちらの弁護士事務所運営のシミュレーターなら、

  • あなたに適した方法は?
  • 借金減額できる?

などを知ることができます。無料・匿名OKなので試してみましょう。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

自己破産とは?

この手続きが認められると、その人が抱えていた債務は帳消しとなり、また新たな人生を歩むことができるようになります。

 

ただしかし自己破産を行うという際には、そこにはいくつかのデメリットがあるということを覚えていなくてはなりません。

 

では自己破産のデメリットはどういったものがあるのかを説明します。

 

財産の制限

その最たるものとなるのが「財産の没収がある」ということです。
これはあらゆる財産が対象となるわけではなく、生活に必要な財産などの一部を除いた部分になりますが、換金できる財産に関しては換金したうえで債権者への返済に充当されることとなりますから、多くの財産を有しているほど、多くの財産を失うこととなります。

 

必要最低限の家具や、99万円以下の現金は残すことができます。
返すべき借金が全額帳消しになるわけですから、前向きなデメリットといえるでしょう。

 

ブラックリストに載る

次に、ブラックリスト=信用情報に載ってしまいます。
「借入審査が極めて厳しくなる」ということです。車・住宅ローンも対象です。

 

この自己破産はそれぞれの消費者に対して与えられる「信用情報」に記録される情報であり、これが記録されている限り、その人に対する金融機関からの信用は大きく失墜することとなります。

 

記録期間は?

記録期限は5~10年ほどとなっていますから、その間はお金を借りることができないと考えておくべきです。

しかし、この期間でしっかりとマネー管理を身につけ、またしても借金をしてしまわないように生活しましょう。

職業の制限

また「一部の職業や資格において制限を受ける」ということも人によっては大きなデメリットとなります。

 

これは「士業」と呼ばれる弁護士や司法書士といったような職業や、警備員や保険勧誘員といったような職業になりますが、免責許可の決定がされるまでの数ヶ月の間、職務に従事することはできなくなります。

あくまでも一定期間ですので、手続きがおわればまた元通り働く事ができます。

 

自己破産を検討する際にはこうしたことも知っておきましょう。

 

自己破産のデメリットを減らすには…?

自己破産に失敗しないことが大切です。
自己破産の失敗とは、自己破産が認められない場合を指します。






⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

任意整理について

自己破産にデメリットはあるの?

借り入れたい業者を選んでから、その業者の口コミを見たら、候補に挙げた消費者金融業者に入りやすいかそうでないかというような内容も、実際わかりやすいものだと思います。一つ一つ各社のウェブサイトを見極めていては、時間の浪費になります。このサイトの中にある消費者金融会社を集めた一覧を確認すれば、各消費者金融の比較が一目でわかります。直々に店舗まで足を運ぶのは、世間の目にさらされるので困ると思っているなら、ウェブ上の消費者金融業者の一覧表などをうまく活用して、自分のニーズに合った金融会社を探すのがいいと思います。低金利で貸してくれる消費者金融会社を総合ランキングとして比較してみました。わずかでも低金利になっているキャッシング会社を選定して、効率的なローンやキャッシングを心がけましょう。消費者金融系の金融業者から借入をする時に、気にかかるのは低金利に関する比較ではないでしょうか。2010年6月から貸金業法へと移行し、制限の多い業法となったので、更に規制の内容が強化されることになりました。初めての消費者金融の利用で、単純に金利比較を行うことが理想的な方策ではないと思われます。あなたから見た時に最も安全であり、誠意のある消費者金融を厳選しましょう。

自己破産のデメリットについて

このサイトに目を通すことによって、誰もが消費者金融会社で貸付審査に合格する為の対策が身につくので、手間暇かけて貸し付けてくれそうな消費者金融業者の一覧などを見つけるためにいろいろ検索することもありません。すぐにお金が要るという状況になった場合でも、即日融資に対応できる消費者金融業者なら、お金が要るという状況になってから融資の申し込みを行っても、問題なく間に合うスピードで申し込みに関する手続きをしてしまえるのです。金利が高そうという固定観念にとらわれたりせずに、消費者金融の比較を試みることにより新たな発見もあるかもしれません。審査結果と融資商品の内容によっては、結構な低金利で借り換えに移行できるケースだってあるのです。知名度のあまり高くない消費者金融系ローン会社の場合は、それなりにカードの審査基準が緩いのですが、総量規制に基づき年収の3分の1を超過する負債があったら、更に借りることは不可能ということになります。

自己破産後の生活に影響するデメリットについて

即日審査だけでなく即日融資でその場で借入を申請することができますからまさかの出費にも対応可能です。更に伝統がある消費者金融業者を利用すれば相対的に低金利なので、気軽に借り受けることができます。どれぐらいの額の融資を受けるかによっても金利は変化しますから、適した消費者金融業者も違ってくるはずです。低金利ということにのみ固執しても、あなたにうってつけの消費者金融会社を選択することはできません。万が一あなたが無利息という金利で借り入れができてしまう消費者金融を希望しているなら、即日審査だけでなく即日キャッシングにも対処しているので、TVCMで親しまれているプロミスが非常にお勧めできるところだと自信を持って言えます。金利が安ければ安いほど、会社ごとに規定された審査基準はきついという傾向があります。主な消費者金融業者一覧表にして紹介していますので、とりあえず借入審査を申請することをお勧めします。一覧表に色々な消費者金融会社を分類してまとめました。できるだけ早くお金が必要となった方、複数の会社でしている借受を一つに集めて整理したいと計画している方も一度ご覧ください。銀行系列で発行するカードローンも紹介していますのでそちらも参考にしてください。